効率的なカリキュラム

合宿免許なら、キャンセル待ちで時間をムダにすることなく効率的に免許が取れるので、短期間で免許を取得したい方におすすめです。ここで、モデルスケジュールを参考にして、入校から卒業までの流れを知っておきましょう。

カリキュラムまず、ネットなどで行きたい合宿免許先を選びます。メールか電話で申し込みをしたら、指定の日付に学校へ足を運び、さっそくカリキュラムが開始します。最初に入校説明があり、視力や聴力を調べる適性検査が行われ、先行学科が1時限、続いて学科教習と技能教習を、学校に着いたその日に数時間ずつ受けます。

仮免許までの第一段階は最初の一週間で終了します。第一段階が終わるときには効果測定(学科試験の模擬テスト)、終了検定(仮免を取るための技能試験)3時限、仮免学科試験2時限を受けます。

仮免が取れたら第二段階の教習がスタートします。学科教習を16時限、技能教習を16~19時限以上受け、これを残りの6日に詰め込みます。その間に応急救護教習も3時限受けます。すべての教習が終了したら、卒業検定を3時限受けて、ついに卒業、帰宅となります。

約2週間ですべての教習を終えることができるので、2週間程度のまとまった休みが取れるなら、合宿免許を検討してみてはいかがでしょうか。


関連記事